ハンター迎賓館の歴史

ハンター迎賓館は、 エドワード・ハズレット・ハンター氏と 妻の愛子さんが その余生を静かに過ごされた場所です。

季節ごとの異なる美しい表情を見せる桜を眺めながら晩年は穏やかに過ごされました。 その桜は現在では『愛子桜』と呼ばれ夫婦桜としてたくさんの幸せを見守っています。 そして日本を愛し、神戸を愛し、家族を心から愛した彼の人柄や彼の生涯が随所に偲ばれるこの邸宅は、 変わりゆく時代の中で、ここだけはいつまでも変わらない懐かしい佇まいのままで多くのゲストを迎えています。 130年の歴史をもつ貴重な和の異人館として、当館は現在では伝統的建造物に指定され、 大切に守り続けられています。夫婦の誓いを長きに渡って見守ってきた邸宅の、 ハンター夫妻が築いてきた幸せな時間を、ぜひ肌で感じてみてください。

Hunter Geihinkan is a place where late Edward Hazlett Hunter lived in quietly for the rest of his life with his wife, Aiko.

E・H・ハンター(Edward Hazlett Hunter, 1843年2月3日 – 1917年6月2日)は、 イギリス人実業家で範多財閥・日立造船の創業者であり、造船業を中心に産業育成を通じて日本の近代化に尽力した。

Contact/Reservationご相談・ご予約・お問い合わせ

神戸北野ハンター迎賓館
TEL:078-241-5015

〒650-0002 神戸市中央区北野町2丁目13-1
営業時間/10:00~19:00
※火曜日定休 ※火曜が祝日の場合は通常営業